訳ありカニ通販店の特徴

「訳ありカニ」ってどんな「訳」があるの?

アウトレットやB級グルメ大流行りの最近、食品業界でも、様々な、「訳あり」「キズあり」が安価で売られるようになってきました。果物などの場合は、成長途中でちょっと傷がついてしまったり、天候不順で、色づきが悪かったりするものは、かえって甘みや香りが良かったりして、家庭で普段用に消費するにはむしろ好都合として、箱売り商品に人気が集まっているようです。

 

なにより、こうした訳あり商品は価格も安いので、家計を預かる主婦には大助かりですよね。

 

ところで、カニ通販にもやはり「訳あり」があります。ほとんどの場合、正規の商品よりも安かったり、同じ価格でも量が多くて割安であったりして、家庭で消費したり、カニコロッケやカニグラタンのような、カニそのものの形が出てこなくても構わないようなメューに使うにはちょうどいいとして、人気があります。

 

「でも、カニって、傷みが早いっていうし、「訳あり」って、傷ものだったり、消費期限とか大丈夫なのかな?」と、心配になられる方もいらっしゃるかもしれませんね。「訳ありカニ」って、いったいどんなものなのでしょう?

 

詳しく調べてみると、まず、賞味期限が近い商品というわけではありません。そもそも、通販のカニは冷凍で売られているものが大部分ですし、食費衛生法上問題になるようなものは、たとえ「訳あり」でも流通しません。

 

実は、カニの訳ありというのは、主に、サイズや形の問題であって、鮮度や味とは少し違うのです。これには、カニの生態が大きくかかわっています。

訳ありカニの「ダルマ」と「折れ脚」

カニの訳ありというのは、「規格外に小さいもの」や「形の悪いもの」のほかに、「ダルマ」と「折れ脚」というものが有名です。ダルマと言うのは、脚のないカニの胴体だけのもの、折れ脚というのは、形の悪いものや、脚がばらけてしまったもののことを言います。

 

実は、カニは、敵に捕まりそうになったときや、びっくりしたとき、自分から足を切り離して逃げようとする習性があります。トカゲが尻尾を切り離すのと同じく「自切」という性質をもっているのです。

 

そのため、網やカゴから取り出すときなどに、運悪く、爪や脚が折れてしまうカニが出てくるときがあります。こうしたものが、「訳あり」として流通することになります。訳はあっても、もともとは、同じ時に一緒に獲られたもので、カニそのものの性質は、訳なしカニと変わりません。味についても、訳なしカニと極端な差はありません。

人気の訳ありカニ通販は、タイミングと使い勝手がツボ!

訳ありカニ通販の魅力は、なんといってもお買い得感だと思います。しかし、カニ通販ショップのどこでも、いつでもあるというものでもありませんし、数量限定で出されることが多い傾向があります。これをゲットするには、なんといっても、こまめなチェックが必要です。

 

更に、訳ありカニ通販の場合、注文の際の規格が大きかったり、量が普通の商品よりの多い場合があります。保管場所を確保したうえで注文することや、ある程度使い勝手や、メニューを段取りしておいて注文するのが、美味しく食べきるコツだと言えます。

 

仲の良いお友達と共同購入したり、パティーやバーベキューなど、大量消費ためにまとめ買いをするなどの、利用方法にも適しているので、上手に利用して、美味しく食べきるの方法を先に考えておくとよいでしょう。


食材宅配比較・ランキング 食材宅配サービス 食材宅配の基礎知識 お中元ランキング